6月8日(金),次週からの水泳指導に備え,先生達が救命救急講習を受けました。

おぼれてしまった人の助け方や,心拍の確認ができない人を発見した際の行動について広島市消防局の方に教えていただきました。

「人工呼吸は無理にしなくても,胸骨圧迫を継続することが大切です。肋骨が折れたら心配だなと思うけど止めないことが命を救います。」「AEDは普段からどこにあるか知っていますか?」

大切な命を守るため,先生達も真剣に学んでいます。