7月5日(木)に,第1回学校関係者評価委員会を行いました。6名の委員さんに、実際に授業をみていただき,子供たちの姿を通して,学校の取組んでいることについてご意見をいただきました。

授業観察後には,「1年生、いいですね。心が洗われるようでした。みんなが先生に向いて、先生もとてもお上手に授業されてました。基本の姿が1年生で作られているのですね。」「特別支援学級の先生が素晴らしい役者でした。子供が引き付けられていた。また、通級教室がバージョンアップしましたね。」「英語の勉強を楽しく工夫してやっておられた。」「発表が高学年になるほど上手になっていた。自分の思いを分かるように伝える力をつけようとしていますね。」「教室が整理整頓されていました。また、教室掲示、廊下掲示も工夫して、先生たちが意識してやっておられる。」

と,たくさんの評価をいただきました。また,一方で「ノート指導が、形式的、マンネリ化しないように注意が必要ですよ。」「教科書の使い方を工夫されるといいですよ。」

と、ご助言もいただきました。1学期もあとすこし。今日の会での内容を教職員全体で共有し,取組んで参ります。