最後の見学地、ニフレルです。大阪の万国博覧会跡地にあります。

不思議な空間、⚪⚪「に、触れる」で、「ニフレル」なんですよ、と坪野くんが教えてくれました。幻想的な雰囲気の水性動物、間近に飛び回る鳥や小動物、、決して触れることはできませんが、ホワイトタイガー!ワニ!

最後のお土産コーナーでは、「お母さん、これ、喜んでくれると思いますか?」と見せにくる人。「家族にこれと、これと、これと、。あれ、自分のものはお金なくなってきたから我慢しとこうかな、、、。」という殊勝な人も。そういえば、昨日の夜も、「お母さんはお土産いらんから、自分んの記念になるもんたくさん買いんさい、といってくれたけど、やっぱり、買って帰ることにしたんですよ。」

家族思いの6年生の姿に、心洗われます。