1月21日(月)に,広島県西部教育事務所から山口洋平指導主事様をお迎えし,4年3組さんで特別活動の授業研究を行いました。

2分の1成人式の中で,家族の皆さんへ感謝を伝える方法を考える話し合い活動です。

みんな自分の意見をもち,理由を述べたり,相手に賛成する意見,反論する意見,反論を助ける意見,折衷案などを述べて活発に話しあいをしていました。

山口指導主事さまからは,①子供に必要感のある課題設定の重要性②Whatでなく,Howを話し合わせること③条件の整備④折り合いの付け方についての指導⑤教師のゴールの設定などについて分かりやすくご指導いただきました。

これについて,さっそく,授業研究をした4年3組担任の蔵本先生が全員の先生に報告をしました。