9月25日 認知症サポーターの授業が 4年生で行われました。

現代的な課題になっている認知症ですが,実際に身の回りに認知症になられた方がおられたり,これから出会う可能性がある子どもたちです。

正しい理解と接し方を学ぶことが必要です。

こんなメッセージをいただきました。

 

【認知症サポーターとは,認知症の人の応援者です。特別なことをする人ではありません。

認知症の人を温かい目で見守る人のことを言います。

小学生の皆さんも,今日から認知症サポーターです。

自分にできることを考えましょう!】