10月14日に、全国親子クッキングコンテスト広島地区大会が行われました。

今年は、南小学校は、6年生の夏休みの宿題として、応募していました。

応募数は、県内852組あったそうですが、審査で残った6組に、6-2の小請さんの『広島大好きごはん』が選ばれ、実際に制限時間60分で、親子で調理されました。

メニューは、『広島を食べよう丼』『和風ポタージュ』『アスパラの和風あえ』『オクラと人参の甘辛炒め』で、みごと、敢闘賞を受賞されました。