10月21日(月)に、海田町出身のタレント、大松しんじさんが来校されました。6年生のみなみの学習で、「自分の夢に向かってすすもう」と、今日は、大松さんのお話を6年生全員が聴くという、貴重な機会に恵まれました。実は、大松さんのお母さんは毎朝、南小の登校を見守ってくださっている交通ボランティアさんなのです。そのご縁もあって、今日は、みんなわくわくして「大ちゃん」を待っていました。

大松さんは、テレビで見る通りのいつもの笑顔とユーモアで、6年生さんに語り掛け、6年生たちはとても大切なことを学んでいました。

「話すときは、表情、身振り、笑顔、、相手に聴いて!という気持ちを大切に」

「インタビューする相手を恋人と思う。好きな人のことは知りたくなる。」

「夢は追い続け、それを周りの人に伝え続ければ、周りが応援してくれる。チャンスに恵まれる。」

「好きなことは、変化していく。出会いとともに夢が変わった時は、自分を信じて突き進むこと。」

また、今日は、「話すこと」のプロの大ちゃんから、6年生が「話す技術」について具体的に学ぶことができました。表現力のアップにつながる経験でした。

お忙しい中、南小の6年生のためにお越しいただき、楽しくためになる時間をありがとうございました。

皆さん、テレビやラジオで活躍中の、大松しんじさんを応援しましょう。