11月18日に、保護者の皆様対象の、災害時の調理教室を行いました。
これは、例年おこなっている給食試食会とあわせて、今回、初企画でした。
南小学校では、毎年4年生がみなみの時間に、防災学習をしています。今年は、田中映美栄養教諭が子供たちにもそして、保護者の皆様にも、食育の面から授業をしました。
「人が1日生きるうえで必要とされる水の量は、どれくらいでしょう。普段から家族分も備えるとなると、、、」
「水だけで調理できるものって、どれでしょう。」
災害時における「食べる」ことの面から、普段の準備、実際の調理方法などを考えるきっかけになりましたら幸いです。
詳細は、また、給食だよりでご紹介します。