11月22日(金)に,海田南小1年生さんが,人権擁護委員の皆様方から人権の花の球根の贈呈を受けました。

「人権とは何だとおもいますか?」「人間が生まれたときからもっている,だれもが大切にされる権利のことです。」人権擁護委員の植野さんのお話をきき,紙芝居をみせてもらい,1年生が、「じんけん」について考えました。

自分や人のよさを感じ,「すごいね~~」と言ったり,「ありがとう!」と言ったりする中で,笑顔とおもいやりの花を咲かせていきたいとおもいます。