2月28日、今年度、最後の登校日となってしまったの日は、当初から、「6年生を送る会」を計画していました。卒業式に出られない1・2年生も、6年生にお礼を伝えるため、一生懸命発表を練習していました。もちろん、3,4,5年生は、趣向を凝らし、学年らしさを生かして準備をしてきました。

当日は、新型コロナウイルスの蔓延を防ぐ点から、時間を限って(至近距離の、マスクをして(発表のときだけはとって)、ゲームやプレゼント渡しの時間はないけれども、各学年は、精いっぱい、6年生に感謝の気持ちを伝えました。

1年生は替え歌で6年生に「掃除を一緒にしてくれてありがとう」と歌いじーんとさせたかと思うと、突然「驚き、モモノキ、さんしょの木・・・」「用がなくても遊びに来てね! ついでにおんぶもしてください!」と、国語の音読を生かした楽しい呼びかけを披露しました。さいごのポンポンの演技もみごとでした。

2年生は、6年生が1・2年生の時にうたった「にじ」と「ふるさと」を心をこめて歌いました。最初の呼びかけの声は、体育館いっぱいひびきわたる、立派な声でした。

3年生は、元気よく、1・21・2と行進で登場。「笑顔がすてきな6年生、わすれないよ」と歌いました。

4年生は、応援団。ソーラン節にあわせて「すーごいぞ、すーごいぞ。すーごいぞ」と6年生のよさを迫力満点で伝えたかと思うと、「いつまでもわすれない」の2部合唱は、6年生にまけないうつくしい歌声でした。

そして5年生。恒例の、ユーモアあふれる出し物でした。「令和であります。」と令和おじさん登場。そのあと、りんごちゃん、担任の3人の先生まで登場し、6年生のすごいところを、たくさん紹介してくれました。そして、恒例のランドぜるメッセージ。そして、今年はおみくじまで! エンターテイナーそろいの5年生らしい楽しいメッセージでした。

運営の新旧執行部は、立派に運営しました。各出し物のあとに、みごとなコメントをいれていました。はじめと終わりの挨拶も立派でした。