10月16日に、安芸郡を会場に、第59回広島県特別支援教育研究大会が開かれました。

南小も、通級指導教室に約40名の県内各地、また愛媛県からも先生方をお迎えし、本校の砂山和美教諭が授業を公開、協議を行いました。

ひとりひとりのニーズに応じた支援のあり方を、たくさんの先生方と話し合うことができました。今後の南小の教育的にいかしていきます。

ご来賓でお越しいただいた、広島県教育委員会特別支援教育課課長、西岡律子様、広島県教育センター特別支援教育部部長、竹野政彦様、ご指導ご助言いただいた、広島県教育委員会特別支援教育課指導主事、愛甲昌弘様をはじめ、ご参加いただいたすべての皆さまありがとうございました。