2月14日(木),子供たちに告知せず,授業中でなく掃除の時間に避難訓練を行いました。

いつもなら,教室で先生の指示にしたがって動くのですが,今日は,各自ばらばらの場所にいます。そこには高学年のお兄さんお姉さんしかいません。

つまり,今回は,1年終わりとして本物の避難の動きが,子供達だけでできるかという,先生達にとってもこれまでの訓練を生かして,JAK(自分の頭で考えて)動けるどうか,これまでの訓練の成果がためされる時間でした。

掃除の時間,突然,地震が起きました。放送を聞いて6年生が1年生に指示をして,頭を守りながらガラスから離れてしゃがんでいました。次の放送で避難開始です。1年生の手を引く6年生,「階段をはしったらだめよ」と注意を促す4年生。それぞれ,安全で最短の道を考えながら,避難をしていました。

災害はいつ起こるかわかりません。学校ではもちろん,ご家庭でも,地震や火災,土砂詐害など万が一に備えての避難について,話し合っておいてください。